hamasaki

『a-nation 2018 supported by dTV & dTVチャンネル』@味の素スタジアム イベントレポート 8月26日(日)

次世代を担うアーティストたちから、avexを今まで背負って来たアーティストたちまで、一度に見られるスペシャルなステージ

8月26日(日)猛暑の中、毎年恒例avexのアーティストや他レーベルアーティストが集まる豪華な夏のLIVEイベント『a-nation 2018 supported by dTV & dTVチャンネル』が、東京、味の素スタジアムにて行われた。

会場は連日の猛暑で気温が高く、オーディエンスは入場時に配られたうちわ型ライトで暑さをしのいでいた。本編が始まる前にOPENING ACTとして、崎山つばさwith桜menがサイドステージに登場。黒を基調とした和装で登場し、“螺旋”や“君の隣へ”を熱唱。手を挙げジャンプしながらオーディエンスを煽り、曲の合間には刀を持って殺陣を披露するなど、本格的な演出に歓声が上がった。
sakiyama

続いて女性10人組のダンス&ボーカルグループ、ONE CHANCEがサイドステージに登場。力強いダンスと歌声で“ONE CHANCE メガmix”を披露し、「一緒に手を振りましょう!」と声をかけ、オーディエンスと一緒に両手を左右に大きく振りながら会場を盛り上げた。
ONECHANCE

次はAct Dance Stageとして、ステージには子供から大人までのダンサーたちが集まり、大人数でのダンスパフォーマンスが繰り広げられ、会場のボルテージを大いに上げてOPENING ACTパートが終了した。

熱気冷めやらぬ間に本編が始まると、トップバッターは男性5人組のダンス&ボーカルグループDa-iCEが登場。夏らしく明るい黄色を基調とした衣装で登場し、「a-nation最終日!楽しんで行きましょう!」と、“TOKYO MERRY GO ROUND”“君色”“パラダイブ”など、タオルを回しながら人気曲でたたみ掛け、熱気をさらに上げていく。
daice

続いて登場したのはDream Ami。ディズニー映画『ズートピア』の主題歌“トライ・エヴリシング”をダンスを交えつつ披露し、ギターを弾きながら“Love fool―好きだって言って―”や、E-girls時代の楽曲から“Follow Me-Dream Ami version-”をキュートに歌い上げ、これから公開になる映画の主題歌として書き下ろされた新曲“Wonderland”も披露し、会場をほっこりとさせた。
ami

ここでSHOOTING ACTとして、女性5人組のダンス&ボーカルグループ、フェアリーズがサイドステージに登場し、“Bangin’”“恋のロードショー”などを披露。力強い歌声と、息の揃ったダンスを魅せ、ジャンプで会場を煽っていった。
fairies

続いての企画は、フジテレビのアナウンサーたちによる演目。四代目オマツリ男子アナとして、男性アナウンサーたちによる和太鼓の力強いパフォーマンスが繰り広げられた。人気アナウンサーたちによる演目に、オーディエンスはステージに釘付けになり、その演目が終わると、今度は女性アナウンサーたちがお台場ワンガン娘’18として、浴衣で“め組のひと”を披露すると、会場も一緒にダンスをしながら歓声で応えていた。
fuji01
fuji02

次に登場したのは、歴代のavexを代表するアーティストたちの楽曲を、新世代のアーティストたちがリバイバルするステージ。まずは男女混合ダンス&ボーカルグループlolが登場し、TRFの“EZ DO DANCE”を、加治ひとみfeat. FEMMがランウェイでhitomiの“CANDY GIRL”を披露し、Beverlyがglobeの“FACES PLACES”を熱唱すると、その力強い歌声と高音に会場からはどよめきと歓声、そして盛大な拍手が。次いでYup’inが相川七瀬の“恋心”を熱唱し、FAKYがDA PUMPの“Feelin’Good~It’s PARADISE”をキレのあるダンスパフォーマンスと共に歌い上げ、懐かしくも新しい曲に会場は大いに盛り上がった。
lol
kaji_femm
beverly
yapin
FAKY

続くSHOOTING ACTとしてサイドステージに姿を現したのは、わずか13歳で大ヒット映画『リメンバー・ミー』のミゲル役を努め注目を浴びた石橋陽彩が登場。透き通った力強い歌声に会場からは歓声が上がり、「この後もまだまだ素敵なアーティストたちが登場するので、楽しんでください!」としっかりと次にバトンを繋いでいく。
ishibashi

1 / 212