main

FOUR GET ME A NOTS VANITYMIX 2015 SPRING PICK UP INTERVIEW

■今回のベストアルバムは過去から今に向けて、時系列的に代表曲が並んでいますが、何かコンセプトがありそうな・・・・・・。

石坪 ライブでよくやる曲が入っている盤ですね。ライブが終わって、「今日やったあの曲、何の盤に入ってますか?」と尋ねられた時に、「これです」と、一発で提示出来る1枚です。選曲もライブでよくやっている曲と自分たちらしさが変化も含めて伝わりやすい曲たちを選んだし。もう、この盤を聴いてもらえば、僕たちが分かる、そんな1枚です。

■確かに代表曲のオンパレードです。

阿部 まっ、正直、あれも入れたい、これも入れたいが尽きなかったけど。(笑)ライブでやっている曲且つ自分たちが分かりやすく伝えられる曲をコンセプトに、最終的にみんな一致しての選曲です。

高橋 おかげさまで、幅広く多くの人に、これまで自分たちのことを全く知らない人たちもすんなりと入ってきやすく、好きなってくれそうな内容になってます。

石坪 名前だけは聞いたことがあるけど、実際の音楽は聴いたことがないという方に、おススメですね。

阿部 聴き進める度に段々と今に近づいていくんで、聴いていて進化が分かるんですよ。と同時に、昔のはさすが若いし、青いなって。(笑)実際、“この頃、こんなんだったよな・・・・・・”って思い返しながら聴いてましたから。ホント、僕らの成長日記です。

高橋 聴いたことのない人にも親切なアルバムだと思うんです。すごく入りやすい曲が並んでるんで、初めての人は、是非この1枚から入って欲しい。聴き返すと、“この頃は、もがいてたんだな・・・・・・”なんて懐かしく思うところもあったけど、自分の存在位置も段々と変わってきたことに改めて気づかされたところもあったし。聴き手も、自分たちも、一緒に歴史を旅出来るアルバム、まさにそんな1枚です。

■で、ラストにはこれまでを凝縮しつつ、これからを感じる新曲が入ってますね。

石坪 出来たのは最近なんですけど、意外とすんなりハマったなって。自分たちの今のモードを落とし込むことが出来ました。

■この曲は今までのいろいろな真骨頂や要素を内包しているところもありますね。

阿部 まさにそういった曲が出来て、それをベストに入れられたのは嬉しいですね。ぶっちゃけ10年間培ってきたものを表すというのは、やはりやりたかったことでもあったんで。しかも、しっかりこれからも表せたし。

石坪 歌や歌詞にしても、ライブで伝えたいことや表現したいことは変わっていない、そんな意思を詰め込めましたから。

■最後に聴きどころを教えて下さい。

石坪 時系列的に並んでるんで、じっくり歴史を聴いてもらいたいですね。タイトル通り、歴史を辿れる1枚なので。曲間も凝っていて、それこそライブを意識した曲間にしてみました。聴きながらライブを思い浮かべて欲しいです。

高橋 ちょうど1時間の収録時間なんですが、それぐらいの時間のドラマを見ているような感覚で聴いて欲しいなって。観る感じで聴いて欲しいというか。頭から最後まで、各曲からなってはいるんだけど、ひとつの大きな物語を感じさせる盤ですから。

阿部 で、是非ライブにも遊びに来て下さい。もう、これ1枚あれば、ばっちりライブは楽しめるんで。その予習の為にも是非!!

Interview&Text:池田スカオ和宏(LUCK’A Inc)

2 / 3123

Comments are closed.