main

FOUR GET ME A NOTS WEB INTERVIEW

■“A whole new world”のカバーも入っていますが、この手の曲をパンクバンドがカバーするとなると、テンポアップやパンキッシュさが定石ですが、FGMANの場合は、あえてテンポを落として、シャッフルを交えているところも耳を惹きました。

阿部 実はけっこう昔にこの曲をカバーしたことがあって。その頃はそれこそテンポアップしてパンキッシュなアレンジでした。(笑)〈それを今の自分たちが演ったらどうなるかな?〉って。で、実際に今回、演ってみたらこうなったと。オリジナルをテンポアップして、ドラムを2ビートにしただけじゃ芸がないなと思っていたんですが、メロディを思い返して叩いていたら、自然とこのビートが出てきたんです。で、”これで行こう!!”と。あえてスウィンギンに踊れる感じを出してみました。

■4つ打ちのダンスロック全盛の中、あえてスウィングで踊られるところも秀逸です。

阿部 逆に4つ打ちだけは絶対に避けたかったですから。(笑)でも、オリジナルでなくカバーでやっちゃう、そこがミソなんです。(笑)

高橋 元歌がかなりソウルフルだったので、〈どう歌おうか?〉を最初はいろいろと考えていたんですが、リズムがハネているんで、それに合わせた方がお客さんの身体にも入ってくるだろうと。おかげさまで弾んだ感じを出すことが出来ました。

■で、アルバムタイトルの『ASTREA』ですが…。

石坪 5枚目のアルバムなので、5にまつわる言葉をいろいろと探してたら辿り着きました。「第5小惑星」という意味があるそうです。元々は女神の名前みたいなんですが、その神話性も含めて、このタイトルがいいかなと。

■で、今作を引っ提げてのライブツアーもあります。わりとライブでの光景が浮かんでくる曲が多いので、こちらも楽しみです。

石坪 このアルバムからの曲+これまでの曲も合わせてのセットリストになるでしょうから、また新しい空間が作れるんじゃないかなと。

高橋 ツアーはホント楽しみです。自分たちが想像している以上の光景が、また広がるんだろうな……。お客さんと一緒にどういった空間を作れるのか?絶対に想像を超えてくるものが出てくると思います。その為にも自分たちもしっかり準備を整えていかなくちゃなと。

阿部 今まで以上に一緒に作れるライブになると思うんです。ライブならではのアレンジ等も考えているんで、これまで以上に自分たちとお客さんとで空間が作れるかなと。特に今回のアルバムは、聴いてから来た方が楽しめる曲が多いので、是非CDを買ってからライブに遊びに来て下さい。一緒に楽しみましょう。

Interview&Text:池田スカオ和宏(LUCK’A Inc)

PROFILE
2004年結成。2008年3月に1st MINI ALBUM『FORESIGHT』を773Four RECORDSからリリース。同年12月に1st FULL ALBUM『DOWN TO EARTH』をリリース。2011年7月に1st シングル『HEROINE』でメジャーデビュー。今までにシングル1枚とミニアルバム3枚、4枚のフルアルバムをリリースし、2014年には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」、「SUMMER SONIC 2014」などの大型野外フェスにも出演。2014年バンド結成10周年を迎え、2015年3月に自身初のベストアルバムをリリース。

www.fourgetmeanots.net

RELEASE
『ASTREA』
sabu
初回限定盤(CD+DVD)
KICS-93204
¥2,800(tax in)

sabu2
通常盤(CD)
KICS-3204
¥2,300(tax in)

KING RECORDS/CROSS RECORDS
7月15日 ON SALE

LIVE
FOUR GET ME A NOTS
“ASTREA TOUR”

7月20日(月)柏ALIVE
8月28日(金)札幌SPILITUAL LOUNGE
9月5日(土)鹿児島SR HALL
9月6日(日)福岡Queblick
9月12日(土)新潟GOLDEN PIGS
9月13日(日)仙台enn 3rd
9月19日(土)福山Cable
9月20日(日)高松TOONICE
9月26日(土)八戸ROXX
10月3日(土)大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
10月4日(日)名古屋HUCK FINN
10月11日(日)渋谷O-WEST

2 / 212