main

ハナエ VANITYMIX 2015 SPRING PICK UP INTERVIEW

ガールズカルチャーの旗手ハナエが掲げる、上京Before/Now

「ガールズカルチャーの旗手」との呼び声も高いポップシンガー、ハナエから、ニューアルバム『上京証拠』が届けられた。タイトルにも示した〈上京〉のBefore/Nowをテーマにした2曲を主軸に、カラフルでアトラクティブな楽曲がテーマパークの如くキラキラと並んだ今作。自身初のラップ曲も入り、本音や毒を含んだ、彼女のパーソナルさもより見え隠れしているのも特徴的だ。

■今回は一貫して何かテーマがありそうな作りですね。

ハナエ そうなんです。今回はタイトルにもある「上京」がテーマの一つとしてあって。 1曲目の“EXODUS”が、いわゆる〈上京〉がテーマの曲で。ラストの“S-T-A-R-S”は、東京に住み、暮らし、生きている〈今〉を歌ったんです。とは言え、その間の各曲がむちゃくちゃバラエティに富んでいて。(笑)スピリッツ的にはかなりパンクになったかなと。(笑)

■確かに頭とラスト以外の曲は、いろいろなテーマやサウンド、試みがてんこ盛りです。(笑)

ハナエ かなりはっちゃけてしまいました。(笑)言わば、「東京」という街のいろいろなアトラクションって感じかな。その一つひとつを冒険しているみたいな。 曲ごとに全く違った世界観が炸裂してますからね。

■全体的により軽やかになった作品印象を受けました。前作よりウィスパーボイスの成分は減りつつも、違った軽やかさを手に入れた、みたいな。

ハナエ 前回はウィスパー度を高くしていたのに対して、今回はより素に近かったですからね。

■素が故の生々しさも出てます。

ハナエ 以前の語り部(かたりべ)的な感覚に比べ、より歌の主人公が見えやすい、そんな歌を意識しました。

■それも手伝って、よりハナエさん個人が見えやすい作品になりましたよね?

ハナエ 自分でも今作ではパーソナルな部分を盛り込めたと思っていて。特にラストのラップは、かなり自分のアティテュードやアイデンティティを入れ込めたし。その他の曲でも、ちょくちょく自分発信の言葉を交えてもらったんです。

■今回含まれている〈毒〉的な要素も、もしかしてその類い?

ハナエ ですね。それが裏テーマの一つでもあったんです。前作アルバム(『十戒クイズ』)が10曲各曲のキャラクターに私がなり切ってやるというのがテーマの一つとしてあったんですけど、今作では、そこに私の普段の考え方や思っていることをスパイス的に入れ込もうと。 いわゆるフィクションにそれらのテイストを盛り込んでみました。おかげさまで、より強いところや毒っぽいところを出せましたね。

■ラストの“S-T-A-R-S”に至っては、まさに毒吐きまくりで。(笑)

ハナエ (笑)。実は、この曲が一番最初にデモとしてあったし、これが作り上がらなかったら、このアルバムは無かったと思うんです。(前作からのプロデューサーの)真部(脩一:元相対性理論のメンバー)さんも、私と同じく福岡から東京に出てきて、今東京で暮らしているという共通項があって。世代は違うんですけど、辿ってきた道はけっこう近いんですよね。東京に出て勝負したい>、<面白いことしたい>と思っているところとか。そんな真部さんから見ると私は、時々いきなり言葉使いが悪くなるところとかが面白いみたいで。(笑)それを歌詞にしたりもしました。

■この“S-T-A-R-S”ではラップをしていますね。あと、1曲目の“EXODUS”でも。

ハナエ 初挑戦でした。元々(ラップを)聴いてはいたけど作品にしたのは初めてで。おかげさまで鍛えられました。(笑)

1 / 3123

Comments are closed.