main

平野綾 VANITYMIX 2014 SPRING PICK UP INTERVIEW

実年齢に伴った楽曲も多数収録。表現の幅がグンと広がった平野綾のニューアルバム

声優を始め、歌手に、タレントに、女優にと大活躍の平野綾からニューアルバム『vivid』が届けられた。これまで比較的チアフルでアクティヴィティな印象の強い彼女の歌であったが、今作では現在の自身の年齢に相応しい、セクシーさや大人の余裕、ほのかな幸せを彷彿させる曲も多数収録。歌の表現の幅をグンと広げるものとなった。

■前作までの〈元気いっぱいの女の子!!〉って作風から、今作はかなり大人、今の平野さんの年齢に近い雰囲気の楽曲が揃いましたね。

平野綾(以下:平野) アルバムが最も自分の色やパーソナルを様々な角度から感じてもらえる機会ですからね。そんな中、今の自分らしさをバランス良く形にできたのが今作なんです。アップテンポの曲、ロックのみならず、いろいろなジャンルに挑戦しています。なので、いきなり聴いた人は驚くかも。(笑)表現の幅を広げることが出来たと思います。

■曲作りの際に、意識していることはなんですか?

平野 基本的にライブを前提に曲作りしています。ライブで既存の曲に新しい曲が加わったセットリストがどんな化学反応を起こすか楽しみです。またライブでもアルバムでも聴いている人がほっと出来る曲があったらいいなと思って、生まれたのが“のんびりしましょ”だったり。

■この曲はボサノバ・タッチで驚きました。「こんな大人な歌も歌うんだ…」って。 ちなみにこれは自身の作詞ですね。

平野 ボサノバはこれまで触れたことのなかったジャンルだったので、歌詞を書くのもちょっと大変でした。「うわっ、音符が少ない!」って(笑)。その分、言葉のチョイスも難しくて。雰囲気や心地良さを重視しながら伝えるべきことを伝える。ホント、勉強になりました。

■日曜午前中のちょっとけだるい、ささやかな幸せ感が伝わってきます。

平野 基本的に、のんびりしている性格なので、休日の朝は、わりとあんな感じなんです。(笑)陽が昇っても、「せっかくのお休みだから、もうちょっとこのままゴロゴロしていたい…。」そんな雰囲気を出してみました。(笑)

■他にもバラード調の曲も増えましたね。

平野 “Promise”や“光の果てに”がそうですね。今までバラード曲が少なくてライブで困っていたんですけど、これでセットリストも作りやすくなりました。実は、これまでバラードを歌うのって苦手だったんです。だけど、去年ミュージカルで鍛えられて、歌の伝え方が学べて。今回のバラード楽曲は、まさに今だからこそ歌えた歌たちですね。

■逆に“ToxxxIC”や“Logic Girl”のようなタフでクールな歌も、これまでの平野さんには見受けられなかったタイプかなと。

平野 この辺りの曲はライブで踊りながら歌うはずなので、見応えもあると思います。個人的にオススメなのが“ダブル”。設定的には、女スパイの揺れる心を歌ってるんですが、この辺りは声優魂が炸裂しましたね。キャラクターソングのような感覚で作りました。

■逆にこれまでの平野さんお得意のアッパーで疾走感のある楽曲たちは?

平野 “もっともっと”は、ずっと応援してくださる方々への感謝を込めた歌でコール&レスポンスもたくさんあるし、ライブではかなり一体感が出ると思います。“Let’s Go!”の疾走感は絶対前向きになれること間違いなしです。アルバム発売を待っていてくださった方々に必ず満足していただける内容になっていると思います。

1 / 212