main

Ms.OOJA WEB INTERVIEW

これはまさに歌のタイムマシーン!
Ms.OOJA、No.1ソング縛りのニューカバーアルバムをリリース!!

Ms.OOJAからニューカバーアルバム『THE HITS ~NO.1 SONG COVERS~』が届けられた。これまでも泣き歌系のカバーを男性編、女性編、アコースティックアレンジ編と、表現し分けてきた彼女。今作は、その男女混合。しかもグループやバンドサウンドにも挑戦し、泣き歌に縛られていない、1980年代~90年代にかけての国民的大ヒット的な楽曲からのチョイスも耳を惹く。「ノスタルジー」をテーマに、どれもしっかりとMs.OOJA然とした歌唱で成立されており、聴いているだけで、あの頃、あの時代へと引き戻してくれるものばかりだ。

■今回は誰もが知っている80年代から90年代の国民的ヒットの数々をカバーされていますが、まずは何故今回の企画を?

Ms.OOJA  今までは男性、女性と分けて、しかも<泣けるカバーアルバム>をコンセプトに作ってきたんです。で、今年の春から『水曜歌謡祭』でレギュラーとして、数々の名曲をカバーさせていただく機会を得て。そこで歌っているうちに、〈改めて日本の名曲というものをいろいろな意味で垣根を越えて歌っていきたい!!〉と思ったのがキッカケでした。

■「泣き歌関係なく」というのも初めてでは?

Ms.OOJA  ですね。だけど、どうしてもそのくくり(泣き歌)だと、前向きなポジティブソングを外さないといけない状況になっちゃうんで……。だけど、今回はそういった歌も歌いたかったんです。で、チャートの1位になった曲にこだわって選曲してみたんです。

■だけど、その1位というのが更にプレッシャーのハードルを上げたのでは?いかんせん、聴く方々にも思い入れが強い楽曲ばかりでしょうに。

Ms.OOJA  カバーさせていただくにあたっては、実はそのプレッシャーは毎度のことでした。その、みなさんの想い出も壊さないように、聴いた方をがっかりさせないように、を心掛けて今回も歌いました。その為に主メロへのオマージュもそうですが、サウンドも比較的原曲を活かしたアレンジを今作では施しているんです。

■確かに。

Ms.OOJA  これには前回の『WOMAN 2 ~Love Song Covers~』がアコースティックタッチのアレンジにこだわったことへの反動があったのかも。(笑)『WOMAN 2』は比較的しっとりとしたアレンジだったのに対して、今回は音数多い中で歌ってみたくなったところもありましたからね。

■驚いたのは、バンドものもカバーされていたところでした。

Ms.OOJA  今回のGLAYさんは実は学生の頃、私、大好きだったんです。なので、この辺りは私のリクエストでしたね。

■90年代が主ですが、そこには何か理由が?

Ms.OOJA  90年代って、ちょうど私が小学校から高校にかけてのいわゆる学生時代だったんです。どの曲もいろいろな意味で思い入れのある楽曲や想い出に残る、この曲を聴き返せば、あの頃、あの時代に戻せれる楽曲ばかりなんですよね。比較的ドラマの曲も多いんですが、実は、リアルタイムで親から見せてもらえなかったドラマもあったり。

■それは?

Ms.OOJA  小学校の頃は、私、夜9時以降、テレビを見せてもらえなかったんです。なので、みんなが次の日に話題にしていたドラマの内容や登場人物を聞いて、自分の中でいろいろと話や妄想を膨らませていったり。例えば、『ずっとあなたが好きだった』に出ている冬彦さんって、みんなの話題にすごく上るけど、こんな人かな……?等々。それらも含め、どの曲も思い入れ深く歌わせてもらいました。

■そんな中、大事にして歌ったのは?

Ms.OOJA  ノスタルジーでした。あとは、私が歌えば、私らしくなるって自負も。それはこれまで4枚出してきた自信でもありましたね。あとは日本語の言葉や響きを大事にして歌ってます。基本、みなさん歌が上手いですから。

■ちなみに選曲は?

Ms.OOJA  最初に30曲ぐらいざっと選びました。その後、スタッフも交えてカラオケボックスに行って、そこで片っ端から30曲を歌ってみたんです。で、自分の声に合っているものを中心に、私自身の思い入れや周りの意見等を基に絞っていきました。

1 / 3123