main

SHANK WEB INTERVIEW

“BAiTFiSH”リリース第1弾
ストイックで純度の高いミニアルバムが完成

自身のレーベル“BAiTFiSH”第1弾となるミニアルバム『SHANK OF THE MORNING』とDVD『11 YEARS IN THE LIVE HOUSE』を同時リリースするSHANK。いらないものを削ぎ落とすことで、より鮮明になったストイックさと純度の高さ、そして正直に表現することでリアルさの増した音と言葉。新たな幕開けにふさわしい今作について、メンバーに話を訊いた。

■レーベルを立ち上げての第1弾リリースとなりますが、以前からご自身たちのレーベルというのは考えられてたんでしょうか。

松崎兵太(Gt&Cho) 前からゆくゆくは自分たちでやっていきたいという意思はあって、去年THE NINTH APOLLOを離れようということは3人で話し合って決めて、そのあとの身の振り方は全然決まってなかったんですよ。今の担当の人はよくライブに来てくれたり、一緒に飲みに行ったりして、レーベルの相談なんかもしてて。「だったらうちでやってみたらどう?」っていう話をもらって、そこから決まった感じですね。

庵原将平(Ba&Vo) THE NINTH APOLLOでやる意味みたいなものもあまりなくなっていたような気もするし、だったら自分たちでやってみようって。自然な流れですよね。

■何か気持ち的に変わったところはあります?

松崎 やってることは基本的に何も変わってないんですけど、自分らでやるっていう心構えみたいなものというか、ちょっとだけ引き締まる部分はありますね。

庵原 あとはインタビュー受ける部屋の階が高いところになりましたね。

■あはは。そうですね。第1弾ということでどんなものを作ろうかとか、コンセプトみたいなものはあったんですか?

庵原 それは特になく、ミニくらいの聴きやすいCDを作りたいよなって思ってて。前作フルアルバムを出して、ツアーを回って、フルはフルですごく良かったんですけど、ライブにアルバムを全部落とし込むという作業が、ツアーだと限られた時間だから上手くいかなかったりしたんですよね。昔の曲もやりたいし、アルバムの曲もやりたいしって。だったらもうちょっとツアーのセットリストも組みやすくて、なおかつ聴きやすいものを作りたいっていう気持ちから、今回はミニアルバムを作ろうと。そんくらいですね、決まってたのは。

■かなりストイックな1枚になったなという印象を受けました。

庵原 そうですね。今回はいらないものを省く作業が大きかったですね。

■それは何か理由があってですか?

庵原 単純に曲が前よりシンプルになっているっていうこともありますけど、1曲1曲の純度が高いものを作りたいっていう気持ちが多少はあって。それはミニアルバムだからっていうのもあるんですけど。でもそんなにあんまり考えては作ってなくて、出てきたものをそのまま入れたっていうのが正直なところですね。

松崎 フルアルバムみたいに10数曲あって、それを1枚にまとめるよりも、少ない曲で1枚にまとめるほうが難しくて。だったらもうやりっぱなしのほうがいいんじゃないかっていう感じだったんですよ。変にしっとりした曲なんかは作らず、できたものをボンと並べていくほうがいいかなって、今回はそういう感じでしたね。

■ストイックな上にすごく怒りも感じられる内容ですよね。

庵原 怒りに任せてというか、そういうのが多くなってきましたよね。そのままを曲や言葉にして歌うみたいな。

■最後の“Flightless”なんて特に怒ってますよね。

庵原 これは友達がお金を持って逃げた歌です。

■え、そうなんですか!

松崎 書いてあるまんまです。

庵原 そのまんまなんですよ。

松崎 長崎のひとつの町を騒然とさせた事件がありまして、そのことについて歌ってます。

■実話だったんですね。2曲目の“Take Me Back”はダメなところがさらけ出されてて、今作はより感情がリアルに描かれてる気がします。

庵原 これはもうダメなところを全部出したみたいな感じですね。そういう意味でもすごく正直なアルバムになったんじゃないかと思いますね。

■カバー曲の“Isn’t She Lovely”がアルバムの中で唯一緊張感が解ける曲になってますよね。

庵原 今回は曲が出来上がった時点でほんと暗い曲しかなかったので、人の力を借りて、ここでポップさを出してみました。

■なるほど。(笑)タイトルの『SHANK OF THE MORNING』にはどんな意味が込められてるんですか?

庵原 響きも重要なんですけど、『SHANK OF THE MORNING』っていうのは朝の始まりみたいな意味なんですよ。何か始まるんじゃないかっていう、そういう意味でつけました。

■たしかに、このタイトルと1曲目の“First Light Anthem”は、これから何かが始まるみたいな開けていく印象がありますよね。

庵原 けっこう1曲目は意識して作りましたね。1曲目の曲を作ろうって。

松崎 この曲はもう絶対1曲目だってね。ほんと他が暗い曲ばっかりで、バンッて開けていく曲がないから、この曲は絶対1曲目にしたいなって。暗いバンドと思われるのも嫌だしね。

■5月のライブ映像を収録したDVDも同時リリースとなりますね。

庵原 これはもう赤裸々な内容になってると思いますよ。

■秘蔵映像もたっぷりですし。

松崎 あれをやってるときがいちばん楽しかったですからね。

庵原 あそこがいちばんメインだからね。いちばんの見所なんで。

松崎 ぜひ楽しんで観てください。

Interview&Text:藤坂綾

1 / 212